クレアチンの効果的な飲み方はこのタイミング!筋トレに有効な摂取方法

24e4cbf7a9f3e85c1d8d32ea6c310312_s

クレアチンは、いま話題の

栄養成分です。

 

身体能力向上や運動パフォーマンス向上

筋肥大効果などが必要なプロの

アスリートにも取り入れられています。

 

そこで、この話題のクレアチンについて

ご紹介したいと思います。

 

クレアチンの効果的な飲み方や

タイミング、そして筋トレに有効な

摂取方法などを解説していきます。

スポンサーリンク



 

クレアチンの効果的な飲み方はこのタイミング!筋トレに有効な摂取方法

クレアチンとは?

まずは、クレアチンのことを

理解していないと上手く

取り入れることができないと思います。

 

そこで、簡単にクレアチンとは

どのような栄養素なのか解説します。

 

クレアチンは、タンパク質の一種で

アルギニン、グリシン、メチオニンの

3種類のアミノ酸から合成

されています。

 

体内に存在していて

筋肉内に95%、残りの5%が

脳の中に存在しています。

 

また、クレアチンは

肝臓や腎臓、膵臓などで

合成されています。

 

クレアチンは、すぐに利用できる

エネルギー源として、消費された

エネルギーを素早く補い、

パフォーマンスの向上が

期待できるのです。

 

このため高強度のトレーニングの

持続ができるようになるのです。

 

また、クレアチンは脳や神経系にも

働きかけてエネルギー代謝を

スムーズにします。

 

脳や神経系のエネルギー代謝が

良くなるということは、記憶能力の改善

脳のへの酸素供給が良くなり

精神疲労の改善も期待できるのです。

 

さて、このようにエネルギー源として

供給されるクレアチンですが、

体重70kgの人の体内に存在する量は

120g~140gほどです。

 

また、1日の内におよそ2gほどの

クレアチンが、自然と代謝されて

体外に排出されてしまいます。

 

クレアチンは、多少体外に排出されても

体内で合成されており、赤身の肉や

魚などにも含まれているため

不足することはないのです。

 

しかし、運動やトレーニングなどで

消費量が多くなると、食品だけで

満たすことは厳しくなります。

 

そこで、クレアチンを食品以外から

摂取するのが、アスリートの間で

話題になっているのです。

 

クレアチンの効果的な飲み方はこのタイミング!筋トレに有効な摂取方法

効果的な摂取タイミング

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

クレアチンの効果的な飲み方として

摂取するタイミングがあります。

 

クレアチンは、インスリンという

ホルモンにより筋肉へ

運び込まれます。

 

インスリンは、糖質の多い食事で

分泌されるので、食後に

クレアチンを摂取するのが

タイミング的に良いでしょう!

 

このように、クレアチンと糖質は

セットとして同じタイミングで

摂取するのが理想的です。

スポンサーリンク



 

クレアチンの効果的な飲み方はこのタイミング!筋トレに有効な摂取方法

筋トレに有効は摂取方法

50a710f6d6ff2127061e751578d56926_s

筋トレにより起こる筋肉の収縮も

クレアチンを吸収しやすくする

作用があります。

 

このため、運動やトレーニングの後に

プロテインと一緒に摂る方法も

体作りにはかかせません。

 

さらに筋トレに有効な摂取方法を

次の項目でご紹介したいと思います。

 

クレアチンの効果的な飲み方はこのタイミング!筋トレに有効な摂取方法

クレアチンローディング

クレアチンローディングとは

体内におけるクレアチンの血中濃度を

高めておく方法なのです。

 

通常、クレアチンのサプリは

1日5g程度で大丈夫なのですが

クレアチンローディングを行う場合は

1日20gが摂取の目安になります。

 

20gのクレアチンを1回の摂取に5gで

それを4回に分けて摂取します。

 

これを1週間を目安に続けます。

 

この1週間のローディング期間が

終わると、1日1回5gの摂取だけで

よくなります。

 

これをメンテナンス期とも言いますが

一旦ローディングを行うと筋肉内の

クレアチン貯蔵レベルは、

一定になります。

 

このように一定の貯蔵レベルになると

必要以上に摂取しても尿として

排出されてしまいます。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

クレアチン単体では、筋肉を

作ることはできません。

 

エネルギーの効率化により

高強度のトレーニングができて

体が作られるのです。

 

また、クレアチンは体だけではなく

脳や神経細胞にも不可欠な

栄養素と言えます。

 

アスリートの瞬発力や

パワーを発揮するためには

精神的な集中力も必要ですよね!

 

このクレアチンは、体と精神の

両方に良い効果が期待できる

栄養素と言えるでしょう!

 

オススメの記事はこちら!

2020年オリンピックの追加種目が決定!知らぬは恥!徹底解説

クリスマスデートはイルミネーションスポットへ!おすすめの3選

風邪の引き始めの初期症状に葛根湯がオススメ!効果と副作用は?

フィンテック・仮想通貨革命とは?ビットコインからリップルまとめ

クリスマスデートのおすすめは温泉!カップルで混浴風呂・関東編

 

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ