七草粥の意味由来は?七種類食べる理由と作り方・レシピ一挙公開

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

元旦も過ぎ初詣も済ませて

年始の挨拶などを行いながら

あっという間にお正月が終わりますよね!

 

そうなると、七草粥という話題が

ちらほらと出てきますよね!

 

七草粥は、お正月の行事として

定着していますが、実は五節句の

1つなのです。

 

意外と知られていない七草粥ですが

何か深い意味や理由が

あるのでしょうか?

 

どんな理由で食べるのか

知りたくなりました。

 

そこで調べてまとめてみましたので

是非ご覧下さい。

 

スポンサーリンク

七草粥の意味由来は?七種類食べる理由と作り方・レシピ一挙公開

意味や由来は?

七草粥は、お正月の行事ではなく

実は、五節句の1つなのです。

 

参考までに下記が五節句です。

●人日(じんじつ) 1月7日:七草の節句

●上巳(じょうし) 3月3日:桃の節句

●端午(たんご)5月5日:菖蒲の節句

●七夕(しちせき)7月7日:七夕

●重陽(ちょうよう)9月9日:菊の節句

 

古来中国では、元々1月の元日から

6日まで動物をそれぞれの日に当てはめ

占いを行っていました。

 

また、元旦から数えて7日目を

人の日にしていました。

 

さらに、この人の日を人日とし、

人を大切にする節句として定着したのです。

 

中国ではこの時7種類の若菜が入った

暖かくトロミのある汁物を無病息災を

願いながら食べたのです。

 

この風習が平安中期頃に中国から

日本に伝わったのです。

 

しかし、日本に入ってくると元々の風習で

年の初めに若菜を摘んで食べるという

若草摘みの影響を受けていつしか

お粥に変わっていったのです。

 

江戸時代になると幕府が公的な伝統的行事

として年に5回季節の節目となる時期に

祝日と定めました。

 

この人日(七草の節句)が五節句の

1つになったことで、七草粥を食べる

習慣が一般化したのです。

 

一般的に言われているのが、お正月の

ご馳走を食べ過ぎて胃腸が弱っているので

そのケアのために食べるということ

ですよね!

 

しかし、実は人日の節句で

その年の無病息災と五穀豊穣を

願いながら食べる行事なのです。

 

 

七草粥の意味由来は?七種類食べる理由と作り方・レシピ一挙公開

七種類食べる理由

9c61b5ab320d79e60ff8fa015acdf5e0_s

七草粥を食べる本当の理由は

無病息災と五穀豊穣を祈る時に

食べるということをご紹介しました。

 

そこには、神様に対する感謝と

願いが込められているのですね!

 

また、7という数字は古来の中国では

縁起の良い数字とされていたそうです。

 

神様に感謝するのに縁起がよい

7日に7つの草を食するという

縁起にちなんだという説があるようです。

 

さらに七草を七草粥として使う前に

厄払いするというのがあるようですね!

 

七草の厄払いの方法をご紹介しますね!

●七草を1月6日の夜に準備します

●7つの調理道具を用意します

●唱えごとをします(七草囃子)

●歳徳神(としとくじん)の方を向きます(恵方)

●7回ずつ合計49回叩きます

 

このようなことは現代では

省略されていますよね!

 

また栄養学的にも七草を食べると

免疫力が上がり風邪やインフルエンザに

かかりにくくなることが考えれれます。

 

青菜の不足しがちなこの時期に

七草を食べるのが無病息災に

繋がるのですね!

 

次に七草の栄養価を見てみましょう!

 

スポンサーリンク

七草粥の意味由来は?七種類食べる理由と作り方・レシピ一挙公開

七草の栄養価

●せり

ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・鉄分

 

●なずな

ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC

鉄分・カリウム・カルシウム・亜鉛

 

●ごぎょう

咳を止める作用

 

●はこべら

サポニン・クマニン

 

●ほとけのざ

解熱鎮痛作用

 

●すずな(かぶ)

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンK

カルシウム・鉄分・消化酵素

 

●すずしろ(だいこん)

ビタミンC・食物繊維・アミラーゼ

 

以上のように免疫力を高め

風邪の諸症状に良いとされる

栄養価の高い食材です。

 

無病息災を願いながら食べるには

ベストな食べ物ですね!

 

七草粥の意味由来は?七種類食べる理由と作り方・レシピ一挙公開

七草粥の作り方・レシピ

d4503950a92be6c7af096c1fc08df9f0

【材料】

  • 米 1合
  • 七草 1パック
  • 水 7カップ
  • 鶏がらスープ 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2強

【作り方】

①お米を洗いましょう。米に入れる水ですが、

1合に対して通常水の量は180ccです。

七草粥は柔らかく炊く必要がありますので、

7倍の1260cc(1ℓと260cc)入れます。

30分そのままにしておきます。

②米を水に浸している間に、

七草を細かく刻んでいきましょう。

刻み方が大きいと、苦みを感じやすいので、

なるべく細かく刻むことをお勧めします。

③土鍋に①を入れて、強火で

沸騰するまで煮込みます。

ブクブク沸騰したら、弱火にして

40分程度炊き込みましょう。

④刻んだ七草を入れて、

蓋をして10分煮込みます。

⑤調味料を入れます。

⑥塩で味付けして出来上がり!

出展http://cookpad.com/

まとめ

ついつい食べすぎや飲みすぎを

してしまいがちなお正月ですよね!

 

七草粥という行事で通常の生活に

リセットするには良い機会では

ないでしょうか!

 

また、意外と栄養価が高いのには

驚きました。

 

この寒い風邪やインフルエンザが

流行る時期には免疫力を上げる

食材で予防ができそうですね!

 

是非、あなたのご家庭でも

七草粥を食べてみてくださいね!

 

オススメの記事はこちらです!!

お正月料理・おせち料理を食べる理由はコレ!意味や由来一挙公開

初詣で恋愛成就!良縁叶う縁結びご利益のある神社ランキング関東

正月太りの対策と解消法ならコレ!チアシードのダイエット効果

正月太り解消法!ダイエットの対策は食事で!腸内環境改善レシピ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ