羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

フィギュアスケートの羽生結弦が

なんと史上初4連覇を達成しました。

 

 

フランスのマルセイユで行われた

フィギュアスケートのグランプリ

男子フリーでその快挙が達成されました。

 

エキシビジョンも素晴らしかったです。

羽生結弦といえばエキシビジョンですよね!

 

本当にこれはすごいことですよ!

 

普通に考えてそのスポーツの頂点に立ち

1度や2度ならまだしも、4回連続で

頂点に立ち続ける困難さは、並大抵の

努力では達成することができませんよね!

 

そんなことを考えながら

他のスポーツ選手はいるのかと

疑問に思いました。

 

そこで、史上初4連覇達成した

フィギュアスケートの羽生結弦選手を

解説しながら、過去に四連覇を

達成した他のスポーツ選手も

見てみたいと思います。

 

それでは最後までお付き合いください。

スポンサーリンク



 

羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

羽生結弦の史上初4連覇達成シーン

今回の史上初4連覇達成は

フランスのマルセイユで行われた

フィギュアスケートのグランプリに

おいてです。

 

男子フリーで187.37点で

総合では293.90点となって

4連覇を達成しました。

 

ただ、羽生選手にとっては

この4連覇なんだか納得がいかない様子。

 

というのも、初めの2回の

4回転ジャンプこそ無事に着氷して

良い流れに乗っていましたが

後半の4回転サルコーでなんと

転倒をしてしまい連続ジャンプが

できなかったのです。

 

さらに追い打ちをかけるように

終盤には1回転のジャンプをする

場面もあり得点を伸ばせなかったのです。

 

ショートプログラムでのリードがあり

なんとか2位から逃げ切って

今回の4連覇を達成したのです。

 

このあたりの運の強さも実力のうちと

思わせる羽生パワーなのかもしれません。

 

それにしても羽生結弦の

エキシビジョンは美しいという表現が

ピッタリですね!

 

さてさて、フィギュアスケートの

世界だけではなく、他のスポーツにも

4連覇を達成したスポーツ選手も

まだまだいるので次はそちらも

見てみましょう!

 

羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

オリンピック女子レスリング4連覇

記憶に新しいところでは

オリンピック女子レスリングの

伊調 馨選手があげられます。

 

まずは、下記の一覧をごらんください。

 

①2004年アテネ女子63kg級

②2008年北京女子63kg級

③2012年ロンドン女子63kg級

④2016年リオデジャネイロ女子58kg級

 

このように4回続けてオリンピックのたびに

金メダルをとっていたのです。

 

これは、日本の女子レスリング史上

歴史に残る快挙なんです。

 

さらに世界初の女子個人としては

オリンピック4連覇を達成した

すごい記録なんです。

 

あの霊長類最強の女子と言われている

吉田沙保里選手でさえオリンピックの

4連覇を達成できませんでしたから。

 

オリンピックはトータル年数が長く

4連覇だと12年もかかります。

 

この12年間をトップであり続けることの

困難さは並大抵ではないですよね!

 

ほんと素晴らしいことだと思います。

 

ということで、困難さから見てみると

オリンピックの4連覇が

いかにすごいことなのかが伺えます。

 

さらにこのオリンピックにおいて

史上初4連覇達成を成しえた

選手を見てみましょう!

スポンサーリンク



 羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

オリンピック円盤投げ

円盤投げは、あまりメジャーではなく

地味なスポーツなのですが

オリンピックで4連覇達成となると

話は違います。

 

この円盤投げでオリンピック4連覇達成した

選手は、アル・オーター選手です。

 

下記をご覧ください。

 

①1956年:メルボルンオリンピック

②1960年:ローマオリンピック

③1964年:東京オリンピック

④1968年:メキシコシティオリンピック

 

以上のようにかなり年代が古いですね!

いまでこそスポーツも科学的になって

様々なトレーニング法や

コンディショニング法がありますが

この当時はそのようなものは

無かったんです。

 

そんな中、前人未到の4連覇達成なんて

今とは違うすごさがひしひしと

伝わってきます。

 

羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

オリンピック男子走り幅跳び

カール・ルイスと言えば

陸上競技において様々な個人種目で

記録を塗り替えて伝説になっています。

 

特にこの走り幅跳びは

オリンピック4連覇を達成した

個人種目なんです。

 

さて、一覧を見てみましょう!

 

①1984年:ロサンゼルスオリンピック

②1988年:ソウルオリンピック

③1992年:バルセロナオリンピック

④1996年:アトランタオリンピック

 

1984年のロサンゼルスオリンピックでは

100m走、200m走、走幅跳、

男子4×100mリレーの4種目で

全て金メダルを獲得するという

快挙も達成したのです。

 

その後のオリンピックでは、

走り幅跳び以外、ライバルに金メダルを

持っていかれました。

 

この走り幅跳びは、カール・ルイスにとって

最強の種目なんですね!

 

羽生結弦が史上初4連覇達成!フィギュアスケート以外のスポーツは?

オリンピック競泳男子

陸上男子最強がカールルイスなら

水中男子最強は、マイケル・フェルプス

なのではないでしょうか。

 

マイケル・フェルプスは

男子200m個人メドレー

男子4×200mフリーリレー

男子4×100mメドレーリレー

の王者なのです。

 

①2004年:アテネオリンピック

②2008年:北京オリンピック

③2012年:ロンドンオリンピック

④2016年リオデジャネイロオリンピック

 

水の超人と言われたイアン・ソープ

に代わって世界の頂点にのぼりつめた

史上最速のスイマーなんです。

 

オリンピックのメダル獲得数も

歴代1位という記録も持っています。

 

人間ではなく、まるで魚の身体を

持ったような選手ですね!

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

羽生結弦選手がフィギュアスケートで

史上初4連覇達成とぃう速報を

元に記事を書いてみました。

 

さらに、フィギュアスケート以外の

スポーツも気になり、東京でも開催される

オリンピックのことも同時に

調べてみました。

 

いずれにしろ、スポーツの世界で

続けて勝つことの大変さ

そして、血と汗のにじむ努力の結晶

というのが、ひしひしと伝わってきます。

 

2020年は東京オリンピックが

開催されますが、どんなドラマが

見られるのかが、今から楽しみです!!

2020年オリンピックの追加種目が決定!知らぬは恥!徹底解説

ラグビー五郎丸選手ポーズの由来は?スポットや商品一挙に紹介!

オリンピックの追加種目競技に決定されたサーフィンを徹底解説!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ