下町ロケットは実話のドラマ?佃製作所のロケ地大田区のモノ作り

下町ロケット
下町ロケット
最近、毎週観ている日曜ドラマの

下町ロケットは面白いですね!

 

下町の町工場を舞台に繰り広げる

痛快な人間ドラマですよね!

 

大企業を相手に中小企業の

社長をはじめ社員たちが

一丸となって様々な問題を

解決していくんですね!

 

ドラマを観ていると実話と思えるほど

身近に感じてしまいます。

 

果たして・・・

下町ロケットは実話なんでしょうか?

 

そして、佃製作所のモデル

ロケ地にもなっている町、大田区の

モノ作りに対する凄さを

ご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

下町ロケットは実話のドラマ?佃製作所のロケ地大田区のモノ作り

モデル企業はあるのか?

毎週毎週ドラマを観ていると

どんどんドラマの中に

引き込まれてしまいますね!

 

池井戸潤の小説は一般の企業を

舞台に繰り広げられるので

出てくる会社・企業名が実在の企業

とリンクしますよね!

 

このドラマも帝国重工やら

白水銀行とか実在する企業を

連想させますよね!

 

それで実話なのかな?とか

モデル企業があるのではとか

想像を膨らませてしまうのでしょう!

 

ただ、記者会見でのやり取りでも

判明した通り残念ながら実話ではないし

モデル企業も無いとのことでした。

 

筆者としてはちょっと寂しい気がしますが

しょうがないですね!

 

下町ロケットは実話のドラマ?佃製作所のロケ地大田区のモノ作り

ドラマのモデルの町は技術の町

ドラマの舞台は大田区の町工場なんですが

モノ作りの町として世界中から

注目を集めています。

138832

小さな部品工場や

研磨や切削技術に優れた

町工場が操業しています。

 

以前放送されていた

下町ボブスレーもやはり

大田区の町工場が舞台でしたよね!

 

超一流の職人がたくさん在籍して

最高の技術でモノ作りに励んでいます。

 

ドラマの中でも手作業で

研磨しているシーンがありましたが

まさに職人技なんですね!

 

スポンサーリンク

下町ロケットは実話のドラマ?佃製作所のロケ地大田区のモノ作り

大企業がうらやむ技術

以前、「林先生が驚く初耳学!」で

大田区の町工場の特集を

やっていました。

 

ここでは7人だけの従業員で

手作業で温度計を作っていました。

 

ロケットとは規模が違いすぎますが

超高性能な温度計なんです。

 

それは様々な手作業の職人技で

作られたガラス温度計なんですが

なんと全ての温度計の基準となる

温度計なんです。

 

通常使用される温度計に誤差が

無いように正確性を計るための

温度計なんですね!

 

温度計の正確性を求めると

手作業でないとできないのです。

 

でも全て手作業なんて

すごい手間ですよね!

 

下町ロケットは実話のドラマ?佃製作所のロケ地大田区のモノ作り

ロケ地は実在の町工場

143436

佃製作所を舞台に繰り広げられますが

社屋は実在する企業を使っています。

 

大田区にある桂川精螺(せいら)製作所が

ロケ地なんですね!

 

社屋自体は戦前に建てられたらしく

いかにもという感じの外観ですよね!

 

なんでも監督がその雰囲気に

一目ぼれをしたそうなんです。

 

社員食堂も実際のものを

使っているのでセットでは出せない

いい味を出していますよね!

 

事業内容も同じようで

「ねじと特殊部品の総合メーカー」

とのことで佃製作所に似通っていますね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

毎週毎週回を重ねるごとに

視聴率も上がってきているようですね!

 

このままで行くと半沢直樹シリーズを

追い抜く可能性がありますね!

 

実話に基づいていませんが

ドラマの中の佃製作所の技術力は

大田区の町工場の技術力を

表しているのではと思います。

 

このドラマを機に町工場の

技術力の素晴らしさがもっと

広がればいいと思いました。

 

下町ロケット2 ガウディ計画

後編のキャストが豪華な顔ぶれ!!

下町ロケット2 ガウディ計画のあらすじ!キャスト豪華な顔ぶれ

 

日本の航空宇宙技術力の結晶!!

MRJが初飛行に成功した場所は?驚きの価格とライバルとの比較

 

こちらの記事もよく読まれています!

睡眠の質を高める簡単な方法はコレだ!ダイエット・美肌・育毛に

風邪にはこの食べ物が効く!魔法のレシピで簡単に美味しく治そう

都内で温泉をカップルで楽しめるスパはここだ!混浴もできちゃう

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ